初めての方へ

サロンについて

セレニティプレイスは西新宿のオフィス街のすぐそばにあります。 オフィス街ではありますが、周辺にはお寺、神社があったり、高層マンションのすぐ脇には 昔ながらの民家や商店があったりと昔と今が融合したような場所です。

セラピスト一人、お客様一人の女性専用完全プライベート空間のサロンです。 他のお客様とお顔をあわせることはなく、ゆっくりとお過ごしいただけます。

「セレニティ」とは英語でセレニティ「心の ) 平静・落ち着き」を意味する言葉です。 日常の慌ただしい時間を過ごす女性たちが、ここで過ごすことにより、心の落ち着き、 穏やかさを取り戻し、気分も新たに日常にまた戻っていく、そんな場所「プレイス」になりたい との思いをサロンの名前に込めました。

 

セラピストについて

坂梨 朋子(さかなし ともこ)
1970 年大阪府生まれ O 型 大学卒業後、就職のため上京。 2人の子供(一男一女)と夫の4人家族。 休日はどこかに出かけたくなるアウトドア派。

20数年間の会社員時代 ~ ワーキングウーマンからワーキングマザーへ ~

ワーカホリックな独身時代をへて、結婚、高齢出産(39歳&42歳で出産)&育児、 ずーっと仕事も続けていました。 外資系アウトドアウェアメーカーでの仕事は出張も頻繁にあり、管理職という責任もあり、 夫と協力しながら家事・育児をこなすも、40代も半ばに入り、体の変化、不調は感じつつ、 やっぱり自分のことは後回し。 そんな中、実母の遠距離介護が発生。仕事、育児、家事、介護どれも放り出すことが できないことばかり。 今の生活を続けていて自分の体をケアする時間なんて一体いつできるんだろう? そもそも今の生活ありきで考えていたけど、本当にそう??

「帰宅する前に / 子供を迎えに行く前に、ほんの10分でいいから、どこかに腰をおろして、 コーヒーでも飲んで一息つく余裕が欲しい・・・」

これは、ワーキングマザーだった当時の私の本当にささやかな願いでした。 それくらい生き急ぐような毎日。

ある朝、突然私の体が「ええの?このままで?」と言ったように聞こえました。 今までまで聞こえないふりをしていたけど、無視できないくらいに。 天職とも思える仕事でしたが、それでも一旦手離してみようと決意し、退職。

時々通っていたヨガクラスでアロマテラピーの資格について知り、退職前から、 ほぼ現実逃避(笑)ではじめてたアロマテラピーの勉強。施術を受けることで心も体も 非日常へのトリップできてしまうほどでした。 また、出産後に習ったベビーマッサージで、手と肌が触れるってすごい力がある!と 確信していた私は、退職後すぐにアロマセラピスト学校に通い手技を習得。 同じ頃リンパドレナージュを知る。大切な人たちに触れるにはぴったりだと思える、 痛みや強い圧のない優しい手技と、更年期女性に多い不調(むくみ、肩こり、冷え、 くすみなど)に対してとても有効であると知り、リンパドレナージュの学校に入学、 国際資格を取得。

 

2017 年 3 月「アロマ &リンパドレナージュサロン セレニティプレイス」をオープン

私自身、いろんな施術を受けるのが大好き、触ってもらうのが大好き(笑)なので、 今までいろんなサロンに行きました。 施術中のリラックス感と施術後のリフレッシュ感。 うん、また明日から頑張れそう!と思えたり 私、今までちょっと頑張り過ぎてたな・・と気づくこともあったり。 そしてだんだん、自分のことをもっと大切にしてあげていいかなと思えるようになりました。

どんな女性もやがて年を重ね仕事、家庭状況そして、自分自身の体の変化という道を通ります。 私と同じように、体の不調や変化を感じた時に、「もう年だから・・」と年齢のせいにして 諦めるのではなく、更年期女性の体や健康について知り、自分の体を受け入れて手をかけてあげたり、 自分の体のためにできることを知れば、気持ちが前向きになります。 そんな女性の皆様の不調を少しでも軽減し、生き生きと毎日を過ごし輝く女性が増えたらいいな! そんな思いが詰まったサロンです。 お会いできることを楽しみにしています。

取得資格

  • 公益社団法人日本アロマ環境協会 AEAJ アロマテラピーインストラクター
  • プレミナセラピストスクール アロマセラピストコース修了
  • トータル女性ホルモンバランスプランナー ® セラピストクラス修了
  • リズミカルボディ ® レベル1 総論&セルフケア受講修了
  • NPO 法人ちぇぶら 更年期ナビゲーター講習受講修了
  • タイドリンパカレッジ リンパドレナージュベーシックコース修了
  • 国際資格 ITEC リンパドレナージュ ディプロマ取得

PAGE TOP